2015年05月30日

ノート

 日産 ノート 1.2L+スーパーチャージャー

 前回のCVTフルード交換は 6,159㌔で初回交換していました。

 まだ18,158㌔しか走行してませんが。。。


 アタック9で測定してみると。。レッドゾーンicon15 即、交換です182


 お車の使用状態で、CVTフルードの劣化速度は進行します。

 GO STOP 坂道 運転状況で、CVTFの劣化速度は、変わりやすい代物です。

 燃費に特化したトランスミッションなので、ATFよりもデリケートです079

 今回は迷わずに、コレ182


 ザーレン ガイア 低粘度CVTF Grand EXTRA-CVTF

 フルード交換で体感できる、お勧めのCVTFですicon14

 同時に、エンジンオイル交換とスラッジクリーン施工(R-2000)です182


 エンジンオイルは指定粘度の 0w-20 をチョイス079

 ザーレンガイア イプシロン-020 を充填しました。

 アクセルが軽くなり、アクセルペダルの操作性が向上、傾斜のある車庫入れは楽になりましたよ157

 走行状態も ギクシャク感が解消され乗りやすくなりましたよ079




同じカテゴリー(車検・整備)の記事画像
セルシオチェックランプ点灯
エアコン掃除
エンジンストール
ディーゼルエンジン
キューブCVT
勝手に4WDなるキャリー
同じカテゴリー(車検・整備)の記事
 セルシオチェックランプ点灯 (2018-03-03 15:43)
 エアコン掃除 (2017-09-16 08:26)
 エンジンストール (2017-07-08 13:01)
 ディーゼルエンジン (2016-04-02 11:00)
 キューブCVT (2016-02-20 11:00)
 勝手に4WDなるキャリー (2016-01-23 18:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。