スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2017年09月16日

エアコン掃除

 ハイゼットカーゴのエアコンの風量が弱い、冷えが悪いとの事。

 早速、エアコンの吸入口をのぞくと、、、ホコリまみれでした。。。

 エアコンのユニットを取り外しに、、、




 結構、時間がかかります。




 やっと、取り外しました。



 ホコリがギッシリ詰まってますね。掃除しないとね!

 掃除前 ↓



 掃除後 ↓



 掃除前 ↓



 掃除後 ↓



 エアコンユニットも掃除しました。

 組付けて、温度測定しましたicon04



 よく冷えます。風量も出るようになりました。

 最近の軽自動車は室内空間が広いので

 エアコンのメンテナンスが必要です079
  


Posted by 1061 at 08:26Comments(0)車検・整備

2017年07月08日

エンジンストール


 11万キロのAT車アリストのエンジン不調、時々エンストで入庫しました。

 不具合の再現が難しい。。。 しかも、、、

 整備個所が満載の車両ですので、1つ1つ原因を潰していきます。

 他社でバッテリー、エアクリーナー、エンジンオイルは交換してありましたので

 まずは、スロットルバルブ廻りの清掃です。ヘッドカバーのオイル漏れもあり

 スパークプラグホールにエンジンオイルが溜まっていました。これが原因?

 ヘッドカバーパッキン、スパークプラグを交換し良好と思いきや。。。

 エンスト。。。

 各センサー類を点検、測定、オシロスコープ波形で確認するも正常。

 困ったチャンで、時々エンジンストール。。。不具合再現は完全暖気後に

 起きやすい事がわかり、クランクポジションセンサーを交換して試運転。

 しかし、あえなく玉砕! 点検しているうちに、故障コードがいくつか出て

 きましたが、VVT系統で異常が。。。 



 まさか、VVTの不具合?

 と思いきや、よくよく調べていくと、OCVの作動不良でした。




 ビミョウな作動不良なので、原因特定までに時間がかかりました。

 洗浄しても、改善できなかったので新品交換しました。

 今回も言えることですが、エンジンオイルは良質な製品を使用しかつ、定期的に交換しないと

 予防整備の意味がありませんね。
  


Posted by 1061 at 13:01Comments(0)車検・整備

2016年04月02日

ディーゼルエンジン

 グランビアのディーゼルエンジン音がうるさく、燃費も悪化した車両が入庫。

 たしかに、テスト走行するとカタカタ音が大きく、冷間始動時に一瞬調子が悪い。

 一発で始動はするが、、、、なにかオカシイ。。。

 悪い予感的中でした。




 3番シリンダーのグロープラグが損傷していました。

 損傷した、破片が燃焼室内で暴れて、バルブに噛み込みバルブクリアランス不良です。

 エンジンを分解、シリンダヘッドを確認すると、、、





 ピストン上部にも損傷がありますが、高額修理なので、オーナー様と協議し、エンジン上部のみ

 修理する事になりました。

 グロープラグを定期交換しておけば、防げた修理の一つでした。

 点検・車検時の定期交換部品油脂消耗品等は交換、取替をお勧めします。

 点検 予防整備は大事ですよicon14
 
  


Posted by 1061 at 11:00Comments(0)車検・整備

2016年02月20日

キューブCVT

 日産 キューブ 突然、ボンネット内から衝撃的な異音とジャダーが079

 定期的にCVTフルードを交換していたにもかかわらず、残念ですicon15




 保障期間が過ぎているので、勿論、高額修理になります。。。

 トランスミッションごと交換するか迷いましたが、、、まずは故障探究及び分解します。




 嫌な予感がします。この鉄粉はおそらく、いや完全にCVTの金属ベルトの摩耗粉です。

 矢沢さん、「やちゃえOッOO!」、 「逝っちゃえ」の間違えではありませんか?




 どうやら、ステップモーターが作動不良みたいです。

 部品供給が無いので、コントロールバルブ全部の交換になります。




 忘れずに、CVTの内部フィルターも交換します。




 組付け、CVTフルード交換、走行テストは良好でした。

 使用環境によって、CVTフルードの劣化は進行します。

 チョイ乗りでも、過走行でも、定期的にフルード交換を行いましょう079
  


Posted by 1061 at 11:00Comments(0)車検・整備

2016年01月23日

勝手に4WDなるキャリー

 パートタイム4WDのキャリートラック。

 勝手に2輪駆動から4輪駆動になってしまうとの事。

 よくこの状態で、2ヶ月ぐらいも乗ってたらしい。。。

 まずは、症状確認ですが、完全に故障ではないらしく、再現が難しいです。

 どうやら、切り替えレバーのスイッチが悪戯している。



 おわかりですか? 微妙な違いに?

 試運転後、お客様には様子を見て下さいと納車しました。

 その後の経過は、修理完了でした。

  


Posted by 1061 at 18:19Comments(2)車検・整備

2015年12月26日

サンバーVベルト

 サンバーのVベルトが。。。ありませんicon10

 見当たりません。 クランク・プーリも、どこかに落としたのでしょうicon15

 このお車は、接着式ダンパー付クランク・プーリを使用しております079




 整備情報より抜粋

 「ベルトの張りが強すぎる場合」

 オルタネータ、エアコン・コンプレッサ、クランクシャフトの軸受けに

 想定外な力が発生し、軸受けの異常摩耗による異音や、エアコン・

 コンプレッサ・クラッチ破損によるエアコン作動不良、異常発熱と

 なる可能性があります。

 「ベルトの張りが弱すぎる場合」

 ベルトとクランク・プーリがクランク・スリップを起こし、プーリが摩擦熱

 による異常高温になる場合があります。この状態が繰り返されると

 ベルトの異常摩耗による異音や、クランク・プーリが熱劣化により破損

 する可能性があります。




 クランク・プーリの比較





 ベルト張力の基準値 470~550N (車種、仕様で異なります。)



 Vベルトはベルト・テンションゲージで張力測定しながら、規定張力

 にて調整します。新品のベルトは初期伸びするので、慣らしてから

 再度調整をお勧めします。

 注) 使用条件等によっては、頻繁に点検・調整が必要になります。

 詳細は富士重工業株式会社ホームページを御参照ください。

 http://www.fhi.co.jp/recall/others/index_until_2014.html

                 http://www.jin-no.com リニューアルしました079

             陣野自動車ホームページ (-_☆)

  


Posted by 1061 at 14:12Comments(1)車検・整備

2015年12月05日

ミラ クラッチ交換


 最近はクラッチオーバーホールって滅多にありません079

 本当に乗用車では皆無なんですが、まだまだ、現役ですよ157




 車種によりますが、エンジンを降ろさないと交換できませんicon15





 クラッチ・ペダルが軽く踏めるし、トルク感も増して、操作性が格段に違います079

 低年式になると、クラッチディスクよりもクラッチカバーの金属疲労が増しますので

 クラッチペダルが重い、シフトレバーが入りずらい等などはオーバーホールをお勧めしますicon14

  


Posted by 1061 at 11:30Comments(0)車検・整備

2015年11月28日

エルグランドATF交換

 整備履歴不明のエルグランドのATF交換です079

 本来のカタログ燃費が低いので、カタログスペックの燃費以上を狙う為に

 ATオイルパンの清掃を行いますicon14




 VQ3.5L エンジン プレミアムガソリン 2WD 4AT ハイオク垂れ流しなんですね160

 基本に忠実にメンテナンスすることによって、甦ります182




 ATオイルパン内部です。汚れが沢山ありますね。

 マグネットにはこれでもかーぐらいのクラッチ粉がベットリですねicon15




 洗浄すると。。。




 ピカピカになりましたね。あとはATFの交換です。




 予防整備、燃費改善、変速フィーリング向上、トルクアップの為、ザーレンATFを使用します183



 うーん、さすがはザーレンガイアです195

 ミニバンでサクサク加速しますよ156

 ホームページがリニューアルしました079079079

 
  http://www.jin-no.com/

 詳しくは閲覧してみて下さい094
 

  


Posted by 1061 at 17:24Comments(0)車検・整備

2015年10月24日

ラパンATF交換

 今回は、車歴が不明のATF交換とATオイルパン内部洗浄です079


 うーん、軽自動車のATは過酷使用されますので走行距離が10万㌔オーバーは事前問診

 および試運転プラス、アタック9での点検が重要になります。


 オイルパンのシールからATFが滲んでますねicon15


 マグネットに汚れが付着しています。


 きれいに掃除しました185


 ストレーナーは交換します。


 組付けてATF交換します。


 勿論、ATFは ザーレン エクストラATF を使用しました079

 劇的に走りが変化しました157

  


Posted by 1061 at 10:42Comments(0)車検・整備

2015年08月08日

ラジエタークラック

 低年式、走行距離過多になってくると。。。意外に多いですよ!

 当店では、MRワゴン、アトレー等のラジエターからの冷却液漏れ108

 ラジエタークラック079ひび割れです。これが微量の漏れだと診断しずらい場合があります。


 ほとんどがアッパータンクの亀裂が多いです。

 ラジエターリザーブタンクの補充回数が、多くなってる車両は要注意です。

 サーモスタット、ラジエターキャップ、冷却液(LLC)、ホース類は定期交換しましょう。

 お出かけ前に日常点検は必ず行って下さいね。

  


Posted by 1061 at 14:50Comments(0)車検・整備

2015年07月25日

カルディナ

 カルディナ 時々、エンストするとのこと。

 車歴なしなので、問診&試運転157 特に機械的な不具合ではないので。。。

 スロットルバルブの汚れを掃除します。

 掃除前icon15


 掃除後185


 低年式、過走行なので、エンジン内部洗浄も施工します079


 やはり、カーボンクリーン スラッジクリーン 同時施工(R2000)

 プラス吸気系統の洗浄(レックス)を行うと走りが格段に違います189

  


Posted by 1061 at 18:54Comments(0)車検・整備

2015年07月11日

フィット

 予防整備の一環として R2000 の施工079


 ハイブリッドじゃなくても、燃費イイじゃん079平均燃費計ではね157

 カーボンクリーン施工でもっと改善されることでしょうicon14 


 車はトータルケアでメンテナンスしましょう。

 最近は エンジンオイル ATF CVTF  タイヤ でも燃費改善しますのでご提案いたしますよ182

 ザーレンガイヤ079 低燃費タイヤ079

  


Posted by 1061 at 13:44Comments(1)車検・整備

2015年06月27日

タント

 タント アイドリングストップシステム搭載車(ISS)

 R-2000 同時施工ですicon14

 ISSは燃費はいいですが、エンジンには負担が多いですねicon15

 カーボン・スラッジ等が蓄積しやすいです。使用状況にもよりますが汚れがヒドイ188


 やはり、カーボン・クリーンスラッジ・クリーン 同時施工は激変しますねicon14

 新車時の状態を保てないと燃費もおちますから079

 今回の充填したエンジンオイルは ザーレンガイア ε-016 を使用しました157

  


Posted by 1061 at 12:07Comments(0)車検・整備

2015年06月13日

ワゴンR

 遠い所からの来店、ありがとうございますface06

 MH22 ワゴンR 最近、パワー不足を感じるとのこと。。。

 例えば、高速道での追い越しでモタツクらしいのですが、機械的、電装的には

 異常はみられませんでしたので、エンジン内部洗浄プラスα で改善しましょう182


 カーボンクリーン施工079


 スラッジクリーン施工079


 きれいに掃除したら、

 ザーレンガイア ε-030 を充填 + アルファします182


 エンジンの振動が減少し、アクセルレスポンスが向上しました157

 またの、ご来店をお待ちしております

  


Posted by 1061 at 13:21Comments(0)車検・整備

2015年05月30日

ノート

 日産 ノート 1.2L+スーパーチャージャー

 前回のCVTフルード交換は 6,159㌔で初回交換していました。

 まだ18,158㌔しか走行してませんが。。。


 アタック9で測定してみると。。レッドゾーンicon15 即、交換です182


 お車の使用状態で、CVTフルードの劣化速度は進行します。

 GO STOP 坂道 運転状況で、CVTFの劣化速度は、変わりやすい代物です。

 燃費に特化したトランスミッションなので、ATFよりもデリケートです079

 今回は迷わずに、コレ182


 ザーレン ガイア 低粘度CVTF Grand EXTRA-CVTF

 フルード交換で体感できる、お勧めのCVTFですicon14

 同時に、エンジンオイル交換とスラッジクリーン施工(R-2000)です182


 エンジンオイルは指定粘度の 0w-20 をチョイス079

 ザーレンガイア イプシロン-020 を充填しました。

 アクセルが軽くなり、アクセルペダルの操作性が向上、傾斜のある車庫入れは楽になりましたよ157

 走行状態も ギクシャク感が解消され乗りやすくなりましたよ079

  


Posted by 1061 at 17:10Comments(0)車検・整備

2015年05月23日

スクラム

 H16年式 スクラム 110,000㌔

 初 カーボン&スラッジクリーン(R-2000) 施工実施です079


 予防整備、エンジン性能維持、回復にいかがですか?エンジンが甦りますよ183

 エンジンオイルは勿論、ザーレンオイルを充填しました182


  


Posted by 1061 at 10:48Comments(0)車検・整備

2015年05月16日

エッセ

 H19年式 エッセ 40,000㌔

 走行時にブレーキ鳴きが発生しますicon15


 サビで段付き摩耗しています。これはでは、適正な制動力は得られませんね。

 ディスクローターはまだ使えるので研磨加工し、ブレーキパッドは交換します。

 研磨前のディスクローターface07


 研磨後のディスクローターと新品ブレーキパッド185


 取付後、100㌔程度の安全走行し、ブレーキ鳴きは解消されました。

 ブレーキ鳴きは正常な場合と、異常な場合があるので確実な点検をお勧めいたします。

  


Posted by 1061 at 09:22Comments(2)車検・整備

2015年05月09日

デミオ

182 H15年式 デミオ 100,600㌔

 前回 52,000㌔でエンジン内部洗浄(カーボン及びスラッジクリーン)施工

 今回は再度カーボンクリーン施工(R-2000)とザーレンオイル交換です。

 月に一度は高速で福岡まで行くので法定点検も行いました。予防整備は必要です079

 吸気系統の洗浄も同時にしたので、走りだしが激変しました079

 更にエンジン音も静かになったので、高速走行は風切音やロードノイズが気になるかも?

 車両維持費用を削減する為にも、オイル交換などのメンテナンスは必ず必要不可欠です182

 カーボンクリーン スラッジクリーン はエンジン性能維持(回復)させるシステムです。

 

  


Posted by 1061 at 18:08Comments(0)車検・整備

2015年05月02日

グランビア

 H13年式 グランビア 92,000㌔ ディーゼルエンジン154

 常連のお客さま、 カーボン & スラッジ クリーン の施工です。

 ディーゼルエンジンなので、マフラーからは黒い煙、エンジンオイルは真っ黒ですicon10

 先に、カーボンクリーン施工です188


 エンジンの燃焼室系統の汚れを取ってから、スラッジクリーンの施工です。


 スラッジクリーン施工後は、エンジンオイル及びオイルエレメント交換は必ず必要です。

 ガソリン車並み、いえそれ以上にエンジンオイルの透明度が増します。

 あまりの透明度に、オイルレベルゲージ確認が困難にicon11 本当です079キレイ過ぎてicon12

 マフラーからの黒煙は軽減され、エンジン音も静かになりました157

  


Posted by 1061 at 09:49Comments(0)車検・整備

2015年04月25日

エブリィ

 H18年式 エブリィ 137,000㌔ エンジン内部洗浄079

 初 カーボンクリーン(BILSTEIN R-2000) 施工実施ですicon14


 ついでに、吸気系統も洗浄します189


 かなり、カーボン汚れが蓄積していました。

 施工後、坂道もグイグイ走るようになり、平道ではアクセルペダルを軽く踏む程度で加速します183

 エンジン音も静かになり、エンジンが甦りました182


  


Posted by 1061 at 09:38Comments(0)車検・整備