2018年03月03日

セルシオチェックランプ点灯

 バブルカーのセルシオです。エンジンの警告灯が点灯する事案です。

 エンジン自体の調子は良好で頻繁に点灯するとの事。




 早速、外部診断機で測定、ダイアグコードから点検します。

 すると、リーン異常。。。うーん、燃料が薄いってことですね。ハイオク垂れ流しのくせにicon11

 試運転してみます。 V8 4.3リッター迂闊にアクセルを踏み込めません。




 ん184 なんか吹け上がりがモタツク。。。さてはここか。

 再度、外部診断機を接続して例の計測を、やはりビンゴでした。

 エアフロメータの特性ズレが生じています。吸入空気量の数値が微妙に外れていました。

 完全に故障していれば、お客様も調子不良がわかりやすかったと思われますが、

 パワーがあるので気づき、にくかったのでしょう。整備士の私でさえ診断に時間を用しましたicon10




 エアフロメータ 新品 故障品




 トルク不足、エンジン振動も大きかったので予防整備として燃焼系統のクリーニングも行います。



 カーボンクリーン施工後は、劇的にエンジン性能が改善されました188
  


Posted by 1061 at 15:43Comments(0)車検・整備