2014年05月31日

セルシオUCF21

 車検で入庫のセルシオ、トータルリフレッシュです。185

 AT洗浄します。まずは、ATオイルストレーナーの交換をします。




 10万㌔毎にストレーナーは交換をお薦めしています。予防整備は必要ですよicon14




 マグネットに付着した汚れがこびり付いてますね。

 アタック9の測定結果はレッドゾーンでした。(要O/H)




 新品のストレーナーを取り付けます。旧式のストレーナーはメッシュタイプで目詰まりしにくい

 のですが、フルード劣化が激しいと油圧不足をおこしミッションが故障しますicon11

 最近のストレーナーは、ろ紙タイプで微量な汚れも詰まります。交換をお薦めします。

 しかし、純正部品が供給されないタイプがあります。 相談してみて下さいface02




 ATオイルパンを洗浄します。




 取り付けてます。




 必ず、ATオイルクーラーの洗浄も忘れずに185




 ATFチェンジャーで圧送循環交換します。




 試運転してATFの量を微調整してからアタック9で測定点検。

 グリーンゾーン 良好です079




 次回はスラッジクリーンの施工します。

 つづく157



同じカテゴリー(車検・整備)の記事画像
セルシオチェックランプ点灯
エアコン掃除
エンジンストール
ディーゼルエンジン
キューブCVT
勝手に4WDなるキャリー
同じカテゴリー(車検・整備)の記事
 セルシオチェックランプ点灯 (2018-03-03 15:43)
 エアコン掃除 (2017-09-16 08:26)
 エンジンストール (2017-07-08 13:01)
 ディーゼルエンジン (2016-04-02 11:00)
 キューブCVT (2016-02-20 11:00)
 勝手に4WDなるキャリー (2016-01-23 18:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。