2013年07月01日

油脂類の交換時期


 お客様からの問い合わせでよく、エンジンオイル交換はいつすればいいの?冷却液は?

 ATフルード交換及びCVTフルード交換はいつがいいのか?ブレーキフルードは?

 お車のメンテナンスノート・保証書・点検記録簿等の中でうたってます。

 某カーメーカーからの抜粋ですが、<厳しい使われ方の条件>シビアコンディションともいいます。

 条件目安:走行距離の約30%以上)

 A 悪路(凸凹路、砂利路、雪道、未装路)

 B 走行距離が多い(目安:20,000㌔以上/1年)

 C 山道、登り下り坂道(ブレーキを踏む回数が多い)

 D 短距離走行の繰り返し(8キロ以下/1回走行)

 F 低速、高負荷運転(渋滞、駐停車時長期アイドリング 車中泊 コンビニなど)

 で「走行キロごとの整備(OOkm)」と「交換時期(年)」そのどちらか早い方で交換します。

 1つでも該当すれば厳しい使われ方=シビアコンディションになります。

 長崎ではCが該当する方が多いのでは。。。

 ちなみに、個人的見解はAT・CVT共に2~3年毎/2万㌔~3万㌔です。

 なぜなら、汚れているからです。。。しかも、AT・CVTの場合はフルードを全容量近く抜き取れ

 ません。エンジンオイルの交換方法と違いミッション内部に全容量の1/2~1/3程度残ってます。

 燃費・故障等考えれば交換をお勧めします。



同じカテゴリー(雑学)の記事
 エコカーバッテリー (2013-08-18 13:49)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。