スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2015年02月07日

CVTオイルパン洗浄

 CVTフルードの交換です。

 車両は シエンタ 約12万キロ フルード診断結果 エラー 極度の汚れでした。

 本来ならストレーナーの交換が必要です。なぜなら、クラッチ粉が精密機械に混入、

 ストレーナー詰まり、油圧不足、焼き付きなどの原因になり、ミッションの分解が必要になります。

 今回は、オイルパン内部の洗浄してストレーナーは再使用しました。

 フルードが真っ黒なので、かなりフルード量が必要です。





 アフター




 交換したら、走りが激変しますよ157  


Posted by 1061 at 16:10Comments(0)車検・整備