エンジンストール

1061

2017年07月08日 13:01


 11万キロのAT車アリストのエンジン不調、時々エンストで入庫しました。

 不具合の再現が難しい。。。 しかも、、、

 整備個所が満載の車両ですので、1つ1つ原因を潰していきます。

 他社でバッテリー、エアクリーナー、エンジンオイルは交換してありましたので

 まずは、スロットルバルブ廻りの清掃です。ヘッドカバーのオイル漏れもあり

 スパークプラグホールにエンジンオイルが溜まっていました。これが原因?

 ヘッドカバーパッキン、スパークプラグを交換し良好と思いきや。。。

 エンスト。。。

 各センサー類を点検、測定、オシロスコープ波形で確認するも正常。

 困ったチャンで、時々エンジンストール。。。不具合再現は完全暖気後に

 起きやすい事がわかり、クランクポジションセンサーを交換して試運転。

 しかし、あえなく玉砕! 点検しているうちに、故障コードがいくつか出て

 きましたが、VVT系統で異常が。。。 



 まさか、VVTの不具合?

 と思いきや、よくよく調べていくと、OCVの作動不良でした。




 ビミョウな作動不良なので、原因特定までに時間がかかりました。

 洗浄しても、改善できなかったので新品交換しました。

 今回も言えることですが、エンジンオイルは良質な製品を使用しかつ、定期的に交換しないと

 予防整備の意味がありませんね。

関連記事